ST250のエンジンがかからないのはこれだ!【修理事例】 

2020年10月9日の修理実例です。

車輛:ST250

車体番号:NJ4AA-10・・・・

走行距離:23660KM

〇お客様ご依頼内容

コロナの影響もあり半年ほど乗っていなかった。久しぶりに乗ろうと思ったらエンジンがかからない。乗れるようにして欲しい。

動かないので自宅までレッカーをして欲しい。

〇修理内容

レッカー引き上げを当店で行い到着次第すぐに着工。

バッテリーとプラグはお客様ですでに交換済みとのこと。バッテリーが新品なだけあってセルはよく回ります。しかしエンジンかからず。

半年ほど放置とのことでとりあえずガソリンを入れ替えてみる。キャブレタからも古いガソリンを抜いておく。半年ほど放置のキャブレタのバイクであればこの作業で大体かかることが多い。しかしエンジンかからず・・・。

エアクリーナの点検・プラグの点検を行ってみる。エアクリーナ良し。

プラグの点火具合を見てみるとなんと点火していない。これではガソリンが爆発しないのでエンジンがかからない。

原因は点火不良だと分かった。

なぜ点火していないのかを調べ始める。

プラグは新品だが一応店頭の在庫を使ってみる。点火せず。プラグキャップを点検してみる。状態は良い。

イグニッションコイルを点検。これも良し。発電部分のピックアップセンサを調べてみる。

発電機とピックアップセンサは以上無し。

この時点でCDI(コンピュータ)が悪いのだと思い。新品のCDIを注文。届き次第交換してみる。

なんと!点火しない。。。アテが外れました。

再度同じ点検を繰り返してみる。どれも異常が見当たらない。

配線図を引っ張りだしてきて配線を追う作業に入る。

カプラ良し・断線見当たらず。

この時点で4日程の日数が経過していたので一度お客様に電話をして今一度問診をしてみることに。

Q:「乗らなくなったのはコロナの影響もあると伺いましたが乗らなくなる以前に何か違和感は感じませんでしたか?」

A:「そういえば普段からエンジンの始動がしたりしなかったりとかかりずらかった。何度か試しているうちにエンジンがかかっていた。」

どうやら以前より不調の症状があったようです。乗らなくなったのが原因か分かりませんが以前からの不調が悪化してしまったのだと推測。何度か試すとエンジンがかかることを話されていたのでメインキーを疑ってみる。

もちろんONにはなっている。電気もついている。がしかし、OFF寄りに1mm程戻した中途半端な位置にしてみると

なんと点火した!

つまりメインスイッチがダメなことが分かった。

原因:メインスイッチの故障
対策:メインスイッチの交換
費用:パーツ代14,850円工賃13,860円(諸々点検を含む) 合計28,710円
※車輛の状態によっては値段は異なります。目安にしてください。

原因が分かりエンジンがかかるようになって一安心。
そのほかにもチェーンの交換も一緒にご依頼頂きました。

〇お客様コメント

進捗状況を細かく伝えてくれてよかった!

〇担当者コメント

日数は1週間ほどかかってしまいました。大変お待たせしました。その都度、進捗をお電話していたのが評価され嬉しく思います。
またのご来店お待ちしております。

Follow me!

お気軽にお問い合わせください。 03-3721-81980 受付時間 10:00-24:00 [ 定休日なし ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。